水回り修理はすぐに行ないましょう~蛇口交換でホッと安心~

男性スタッフ

主な原因となること

蛇口交換の時に確かめる

笑顔の作業員

水漏れが起こってしまう原因、それは様々な可能性がありますが例えば住みだしてからずっと交換していない、何もメンテナンスしていない、ということであれば単純にパーツの劣化や耐用年数の限界である可能性が高いといえるでしょう。大体10年も持てばいいほうだと言われていますので、かなり長期間使っている場合は蛇口交換そのものを検討してしまうほうがよいかもしれません。もしかすると、便利で使いやすいタイプのものに交換できるかもしれないと考えると良い投資になるかもしれないでしょう。そういったことになる可能性を考慮して、日々ちょっとづつパーツ交換等に使える修繕費用を貯金しておくとこういったいざという時に困らなくて済みそうですよね。他の理由としては、パーツの緩みなんかも原因にあげられることが有ります。元栓を閉めたりしてバラシたりするまでもなく、緩んでいるところを締めたら復旧した・・・というケースもあったりしますから、諦める前に自分で締められる部品はいったん締めてみるということも試してみる価値はあるかもしれません。こういった状態には、例えば鍋や食器をぶつけてしまったりすることを繰り返したりしていると振動で緩んで行ったりしてしまうことに繋がることが有ります。他の理由としては、純粋に各部のパッキンが壊れたり劣化したりしているという場合が考えられます。そういう場合はパーツ交換と工賃だけで済むので、安心ですね。