マナー一つで合格が左右される|正しく身に付けるべし

知っておけば怖くない

トラブルを長所に変える

婦人

面接時には予想外の事態が起きることがあります。
その際きちんと対応できるかで合否が分かれます。
まず、会場に向かう際、交通機関の遅延、渋滞といった環境要因によるトラブルが発生した場合です。
遅刻しそうだと思ったら、すぐ会場に連絡をします。
これは社会一般のマナーでもあります。
また、道に迷った際も同様で、正直に理由を話し、指示を受けましょう。
次に面接中にコーヒーやお茶を出された時です。
こちらは口をつけてもつけなくても合否には関係ありません。
マナーとして、いただく前に挨拶をし、飲む際はできるだけ音を立てないようにします。
面接が終わったら、面接のお礼と一緒に飲み物を出して下さったことに対して、ごちそうさまでした、の一言を付け加えるとベストです。
面接中、喉の痛みなどの不調が出てしまった場合、一言断りを入れておくことで、スムーズに対応できます。
理由を話しておくことで、面接官からの理解を得られますし、自身も不安が軽くなります。
緊張していることは面接官も十分分かっていることですので、途中で言葉が詰まってしまってもマナー違反にはなりません。
面接では質問の内容を理解し、適切に回答しているかが第一に大切です。
そして社会一般のマナーが身についているかどうかで、その人の人柄や適応力が判断されます。
マナーが身についていれば、トラブルがチャンスになるのです。
面接の経験回数が多いほど、そのトラブルに対する解決策やマナーの知識が多くなります。
また、他の人がどういったトラブルで、どのように対応したかという情報を得ていくことも自分のためになります。

答える前の一呼吸を大切に

女生徒

面接の際に一番重要な事は心の焦りを相手に悟らせない事です。
部屋に入ってから出るまで、堂々として溌剌とした自分を見せましょう。
まず面接室に入る際にノックして、部屋の外から声をかけるところから既に試験は始まっています。
相手が許可してから入室し、椅子に座る時も勧められるまでは腰掛けないのがマナーです。
お辞儀一つとっても頭だけでなく上半身全体を軽く倒し、長く頭を下げ続けないようにしましょう。
畏まりすぎてもプラス評価にはなりません。
席に着き、質疑応答が始まった時には、受け答えに集中しすぎて前のめりにならないように気を付けてください。
会話に集中すると姿勢が乱れてきてしまいがちなので、腹筋に力を入れて背筋を正します。
そうすることで声も出やすく、また自信がある人間に見えます。
正しい敬語や日本語を使うことは大切です。
しかし正誤の判断が付かずに言葉に詰まるのも印象が悪くなりますので、気にしすぎずに話し切る思い切りも必要です。
明るく自信に満ちた態度は相手に好印象を与える一方で、先走って自分の意見を押し通し長々と話すのはマナー違反です。
自分の意見を伝える時にははきはきと発言し、面接官の話を聞く際には相手の顔の中心を見て集中しましょう。
相手を見る時間が短ければ目を見ても構いません。
ただし面接官が話している間中じっと見つめると恐怖感を与えます。
鼻先を見ると視線は自分に向きつつも圧迫感を与えません。
面接官は多くの受験生を見てきたプロです。
礼儀を重んじマナーを守る事は最低限必要なルールです。
質疑応答への対策を万全にする前に、マナーを踏まえて面接時にスムーズに行えるよう練習しましょう。
そして緊張した自分を出さないようにし、自信満々の受け答えで面接を乗り切りましょう。

事前のトレーニングが重要

面接

大半の高校や大学では推薦入学の枠が設けられており、その入試に際しては面接試験が実施されるのが一般的です。
最近では大学や専門学校などで自己推薦方式のAO入試を実施する例も増加中で、この場合も面接試験が合格への重要な鍵を握ります。
どちらも受験対策として事前に面接のマナーについて学習し、トレーニングを積んでおいた方が合格の確率が高くなるのは言うまでもありません。
面接試験の進め方は受験先の高校や大学・専門学校によって異なりますが、チェックされるマナーには共通点も多いものです。
会場に入った時点から試験は始まっていると言われており、入退室の際の立ち居振る舞いや身だしなみも厳しくチェックされています。
入室前にはドアのノックの仕方や声のかけ方にまでマナーが存在し、着席するまでの立ち姿勢や着席後の座る姿勢も面接官の第一印象を大きく左右するのです。
志望理由や将来の進路希望などの質問に対する受け答えの仕方はさらに重要で、言葉づかいのマナーも1つ1つ細かくチェックされます。
学科試験の方は独力でも自己管理を徹底させてしっかり勉強すれば受験対策は可能ですが、こうした面接試験に自分だけで万全の対応をするのは難しいものです。
最近ではこのような推薦・AO入試の受験対策として、模擬面接を行っている予備校や学習塾が増えています。
事前に面接マナーについて入念に学習し、本番さながらの状況を再現した中でトレーニングを積めば合格の確率も高まるものです。
学科試験への対策と同様に面接マナーも学習することで実力が向上し、試験の本番でも力が発揮できるようになります。
特に自己推薦方式のAO入試では志望理由や将来の進路といった定番の質問に対する受け答えだけでなく、自己PRの能力も求められてきます。
模擬面接で基本的なマナーをしっかりとマスターしておけば自信が身につき、本番でも不必要に硬くならず良い結果を引き寄せられるものです。

研究から進学先を選択する

大学生

エフラボは、理工系大学進学を検討している学生に最適な進学サイトです。研究テーマや教授の紹介が掲載されていて、興味が持てる研究を行なっている大学を選択することが可能になります。進路に悩む学生にお勧めです。

もっと読む

通信制の学校のメリット

女の人

インターネット授業が特徴的な福岡の通信制高校に通えば、わからない点は先生がリアルタイムでサポートしてくれます。そのため、苦手な科目も途中で挫折する心配がありません。その他、学費が安いなどのメリットもあります。

もっと読む

特色のある個別型の塾

ガッツポーズ

塚口に見られる一対一の形式の個別指導塾では、発言や質問がしやすいため、シャイな子供にも向いています。またマイペースでの学習が可能なことから、集団授業についていけない、集中力が続かない、といった場合にもおすすめです。スケジュールは柔軟に決められるので、習い事が他にある人も無理なく両立しやすいです。

もっと読む